Men's Blog

大戦モデルってよく聞きますよね??

2014.10.15

こんにちは。

昨日に比べるとかなり冷え込んで本格的な秋冬の訪れを感じますね。
そう言えば最近、夏からショーツだったので久しぶりにデニムを履きました。
お気に入りはLEVI`S VINTAGE CLOTHINGの1947モデルですが、
やはり更に有名なのは1944モデル。
洋服好きにはよく知られている『大戦モデル』と呼ばれているモデルです。

ではそもそも『大戦モデル』って他のモデルとは何が違うのか??

パッと見た感じはいつも見ているLEVI`Sと何ら変わりがないように見えますが、
第二次世界大戦中はあらゆるディテールにおいて変更を余儀なくされるくらい
金属や布地等の物資が必要な時代でした。
そこで様々なパーツを変更して作られたのが1944モデル。
普段のLEVI`Sならば社名の刻印の刻まれたボタンやリベット使っているのですが、
戦時中はボタンの供給も不安定だった為、無印に変更されています。
そしてアメリカ政府によりポケットのステッチの取り止めを要請されたが、
その要請をLEVI`S社は拒否し生まれたのがアーキュエットステッチのペイント。
実は意外にお買い上げくださるお客様が気付かないところ。
しかしLEVI`Sらしいツーホースレザーパッチ・ビッグEレッドタブや
レッドセルビッチなどの変わらない部分もあるんです。

LEVI`Sは年代によってシルエットの違う501が存在しますが、
それは様々な時代背景の影響があってのもの。

調べれば調べるほど奥が深いのがLEVI`Sです。

坂本